広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

新築一戸建ての注文住宅と建売住宅の違い

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/28

広島で新築一戸建てを検討する場合には注文住宅か建売住宅かの二つの選択肢があり、それぞれを扱う不動産業者も多数揃っています。個人の事情によって、注文住宅と建売住宅のどちらがよいかは変わるため、注文住宅・建売住宅のそれぞれの違いと、よい点・注意すべき点を知った上で、自身に合った方法で住宅取得を検討してください。

広島で暮らす場合の基本情報と住みやすさ

広島市は政令指定都市の一つで、中国四国地方では最大規模を誇ります。各種文化施設やデパート、学校、病院、コンビニといった生活に必要な施設はすべてそろっているといっても過言ではありません。街中に路面電車が走っていますし、それ以外の交通手段も充実していて利便性も高いです。安芸の宮島等、世界遺産に指定された観光地も近いですし、平和記念公園や広島植物園等、普段の生活から自然を感じられる環境も整っています。

瀬戸内海が近くにあり、気候も温暖で降水量は少なめということも影響して、地元の食材を活かした食事にも定評があります。山菜やキノコなどの山の幸から、タイやアナゴ、サワラ等海の幸まで揃っていますので、1年を通していろいろな楽しみ方ができます。牡蠣やレモン、お好み焼きはその中でもトップ3とも呼ばれる代表的な食べ物です。

また広島では子育て支援やパートナーとの出会いをサポートするイベントが盛んなことにも定評があり、ポータルサイトによる育児情報の発信や、男性の育児休暇取得を推進していることでも知られています。ファミリー世代で住む場合においても、とても条件がよい町といえます。

そんな広島で一戸建てを検討するなら、住もうと考えている特定の地域の中からとくに条件がよい物件を探す「地域密着型」か、それとも大きな組織ならではの物件の多さに頼ってみる「大手会社型」で探すかによって違いはありますが、新築一戸建てを取り扱っている不動産会社は数多くあります。自身の希望や計画に合わせたマイホームを実現できるような不動産会社を選ぶとよいでしょう。

注文住宅のよい点と注意すべき点

注文住宅の長所は、何より自らが建物の構造や間取りや設備、内装等をすべて自分の思い通りに作ることができる点でしょう。自身の好みや暮らし方に合わせてオーダーメイドで住宅をつくることができるため、まさに理想のマイホームを手にすることが可能です。「自分が建てた家」といった満足感を得ることもできるでしょう。建築途中の様子もわかるため、手抜き工事などに対する不安もありません。

ただし、注文住宅は建売住宅と比べて、不動産会社との打ち合わせに大幅な時間と手間がかかります。当初の見積もりが出た後も、仕様を変更した場合には追加料金が発生しやすいという注意点もあります。建築の依頼先によって支払方法や支払回数が変わることも珍しくなく、資金管理が複雑になりがちという点も要注意です。

また、注文住宅は建売住宅に比べて高価なことが多いため、土地の取得もあわせて考えるとかなり高額になる可能性もあります。とくに住宅ローンを利用しようと考えている場合は資金計画をきちんと立てておかないと、融資審査が通らなかったり、希望の借入額に満たなかったりと、思わぬ資金不足に陥るリスクもあります。

広島には、顧客のニーズに合わせてプランを提案してくれる不動産会社が多数あります。一戸建ての注文住宅を検討する場合は、住宅の設計内容だけでなく、資金プランもあわせて相談することをおすすめします。

建売住宅のよい点と注意すべき点

建売住宅を選んだ場合の長所は、まず購入手順が注文住宅を建てるよりも圧倒的に簡単なことが挙げられます。売主である不動産会社がプランを作り建築し、でき上がった住宅を売買するのが建売住宅であり、敷地と一緒に購入するのが一般的です。代金の支払いは、売買契約時に手付金を払い、残りは引き渡し時に一括で払うことが基本的なパターンです。基本的には中古住宅やマンションを購入するときと大差がないと思ってください。

建物と土地の取得が同時のため、住宅ローンを組む際の銀行での手続きも比較的簡単といえます。不動産会社との打ち合わせに取られる時間も、注文住宅の時よりも圧倒的に短いですし、複数の棟が一斉に販売に出される形式であっても、すでに明確に区画が分けられていますので、隣家と境界線トラブルになる心配も少ないでしょう。また、建売住宅は注文住宅よりも比較的安い価格で住宅を取得できます。

注意する点としては、すでに建築済みのものを購入する性質である以上、間取りの変更は自由にはできないことです。不動産会社によっては変更できるサービスが付いているケースもありますが、基本的にはそのままの形での引き渡しとなります。他にも、画一的な建物になってしまいがちな点や、建築中に内部の様子を確認できないために、きちんと施工されているかが自分ではわからない点にも留意し、よく納得した上で購入を検討してください。

建売住宅の場合、内部見学ができる場合がほとんどです。機能性やデザインだけでなく、自分たちの暮らし方に合っているかどうかを、実物を見て検討できますので、気になる物件があればぜひ足を運んでみてください。

 

広島は利便性が大変よい町で、生活に必要な施設はほぼすべてカバーしています。そんな広島で新築一戸建てが欲しい場合は、「売主が主軸で作った建売住宅」と「全工程に自分の意見を通すことができる注文住宅」の二つの選択肢があります。どちらにもよい点と注意点がありますので、それぞれをしっかり把握した上で、自分に合った新築一戸建てを手に入れましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【広島】おすすめの不動産会社エリア別3選