広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

新築一戸建ての購入するときの注意点

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/28

マイホームの購入を検討し、それが広島の新築一戸建てとなると、一生に一度となる大きな買い物になる人がほとんどでしょう。一言で新築一戸建ての購入といってもいくつかの種類のものがあり、購入する際には注意点を知っておくことも大切です。購入した後に後悔しないようにするためにも、よく考えたうえで購入を検討する必要があります。

広島の新築一戸建てには二つの種類があります

新築一戸建てが欲しいと考えた場合、まずは家を建てるのか、それとも建っている家を購入するのかで、状況はまったく異なります。これは注文住宅を選ぶのか、それとも建売住宅を選ぶのかということです。それぞれにさまざまな違いがあり、まずはこの二つにどのような違いがあるのかを知ることが大切です。

一般的に建売住宅とは分譲住宅ともよばれているもので、土地と建物がセットで販売されていて、すでに建築が終わっている一戸建てとなります。販売の段階で土地だけであったり建築途中だったりするケースもありますが、入居する際には完成した状態で引き渡しが行われます。建築が始まってから入居に至るまでの期間が比較的短い傾向にあり、早く入居を希望したいと考える人にはおすすめといえます。また予算を抑えたい人にとっても向いているといえるでしょう。

もう一つの注文住宅とは、自分で間取りなどを設計してから注文し、建築が始まる住宅を指しています。自分の希望に合わせた好きな家を建築できることが大きなメリットといえるでしょう。土地を持っていない場合には土地を探すところから始めなければならず、完成までの工期は比較的長くなります。時間や予算に余裕がある人に向いているといえます。建売住宅では生活しにくいと考える人は、注文住宅を検討した方がよいでしょう。

このように二つの種類があるので、まずはどちらの住宅を選ぶのかを決定することが大切です。

仲介会社の選び方を間違えないように気をつけよう

理想のマイホームを手に入れるための注意点として、仲介会社の選び方を間違えないように気をつけましょう。一般的に建売住宅を販売するのは不動産会社と呼ばれるものです。注文住宅を建てる場合にも、土地を探す段階から始まる場合には、同じく不動産会社に依頼することになるでしょう。

売り主としては、ハウスメーカーや工務店などがあげられます。もしも広島で新築一戸建てを注文住宅として購入するのであれば、ハウスメーカーや工務店などと打ち合わせをする機会はかなり多くなってくることでしょう。もしも新築一戸建てを販売する仲介会社をこれから選ぶのであれば、どれぐらいの会社の規模なのか、またどのような保険制度が設定されているのかをチェックしておくことが大切です。

さらには契約前にしっかりと内訳を確認することも重要です。確認せず大丈夫だろうと思って契約を結ぶと、後からキャンセルしたくても費用がかかってきます。契約をする際には手付金を支払うことになるので、万が一契約の後にキャンセルをする場合には、この手付金が戻ってこなくなってしまうのです。

もしも建売住宅を選ぶのであれば、実際の価格やオプションがつく場合の値段など、事前に明確な金額を提示してもらわなければ、予算オーバーになってしまうことも考えられます。注文住宅は長い時間をかけてつくられるため、担当する者も多く人件費が多くかかることになります。どの業者がどれぐらいの金額で建築に携わるのか、その内訳について明確にしておくことが大切です。

完成していない物件はできるだけ手を出さないようにする

広島で新築一戸建てを購入する際に起こりやすいトラブルとしては、まだ完成していない状態の新築一戸建てを契約して、住宅の引き渡しがまだなのに支払いをしてしまうことです。まれなことではありますが、実は販売業者が倒産することは実際にみられます。支払いを済ませたのに担当者が手続きを行わずに、引き渡しの前後にトラブルが発生することもあるでしょう。

まだ完成していない物件をどうしても購入したいと考えるのであれば、住宅が完成するまで待ち、トラブルがないかどうかを確認してから支払いをすることが求められます。また建売住宅でも建築途中の注文住宅でも、立ち会いができる日が設けられていることが多くみられます。このような機会を利用して、必ず立ち会いを行って建物に不具合やトラブルがないかどうかをしっかりとチェックしましょう。

引き渡しが終わってから何かしらのトラブルに気付いたとしても、保証がきかない部分があるのが事実です。注文住宅では建築過程をチェックし、建売住宅は完成した状態の物件を確認するようにしましょう。建売住宅の場合には比較的リーズナブルに購入できます。これは建築に関わる業者のコストダウンが図れるからです。

安く買えるのは誰もがうれしいと思うかもしれませんが、実は人件費を抑えてコストダウンを図っているところもあります。このようなところは品質管理にかかる作業が削減されている可能性も考えられます。あまりにも安すぎる場合には、充分に注意するようにしましょう。

 

広島県で新築一戸建てを購入するのであれば、建売住宅と注文住宅のどちらを選ぶのかをまずは決めることになります。どちらがよいのかということは、予算や住みたい地域、土地の有無や家族構成などさまざまな状況により異なります。信頼できる仲介業者を選び、細かい部分まで確認を怠らないように気をつけましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【広島】おすすめの不動産会社エリア別3選