広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

困ったときに力を発揮!防災に役立つ設備を見直してみよう

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/08/20

近年、いたるところで地震や豪雨、台風などでの被害が起きています。停電や断水など、いつくるかわからない被害に備えておくことは非常に大切です。そこで、本記事では、防災に役立つ設備について解説していきます。普段から防災を行っておくと、いざという時に役立つのでとても安心です。ぜひ最後まで読んで、災害に備えましょう。

大きな家具・家電は倒れにくいよう固定しておく

地震が起こり大きく建物が揺れた際、一番心配なのが家具の転倒です。倒れた家具が食器棚だと、食器が飛び出し、とても危険です。窓ガラスに向かって家具が倒れると、窓ガラスが割れて大惨事になってしまいます。もしかしたら、家族の誰かが怪我をする可能性もあります。

また、ストーブに家具が倒れてしまうと、火災などの二次災害が生じる可能性もあります。災害時の火事は怪我だけでなく命の危険も伴います。そういった状況を防ぐため、家具はしっかりと壁面に固定しておきましょう。L型金具などを用いて、家具と壁のネジ止めをしておくと確実です。

壁を傷つけられないという理由でネジ止めができない方もいらっしゃるかもしれません。ネジ止めが難しい場合は、突っ張り棒や粘着マットなどを使用するとよいでしょう。粘着マットとは、家具と壁などの間に両面テープのようなものを貼り付けることで家具の転倒を防ぐものです。この粘着マットは、振動を吸収してくれるという性能もあるのでおすすめです。

しかし、最も良い対策は、壁面収納を用いることでしょう。食器などが壁面に収納されているので、家具が倒れるといったことはまずありません。扉がガラスの場合は、万が一ガラスが割れた際に飛び散りを防ぐ「飛散防止フィルム貼りガラス」の扉を使用するとよいです。また、地震の揺れを感知したら、自動でロックがかかる収納扉などもあります。

地震が起きた際、まったく何も対策をしていない家だと、家具が倒れて割れた食器が床一面に散らばってしまい、大変悲惨な状態になってしまいます。そのような状況にならないためにも、大きな家具はできるだけ固定しておきましょう。

蓄電池があると停電時の安心感が変わる

自然災害が起きると、停電になる可能性も非常に高いです。そのような場合、「スマートフォンも使用できない」「部屋は真っ暗」「家電も使用することができない」などの状況に陥り、とても大きな不安に駆られることは間違いないです。しかし、蓄電池があると自然災害の予期せぬ停電にも対応できます。

蓄電池とは、一回限りではなく、何度でも充電して使用できる電池のことをいいます。蓄電池で電力を確保しておけば、停電しても生活に必要な電化製品を使うことができます。蓄電池を満タンに充電していれば、普段通りの生活を1〜2日程度送れると言われています。節約しながら使用すれば、3〜4日程度はしのぐことができるでしょう。

また、蓄電池を太陽光発電と組み合わせることで、日中に発電した電力を蓄電池に補給できるため、長期間の停電にも備えることができます。蓄電池があれば、災害の際にもとても大きな安心を得ることができます。

災害時は大きなパニックが予想されます。この「普通に暮らせる」という安心感は非常に重要だといえるでしょう。災害時にはまず連絡を取ることが非常に大切なので、携帯電話の充電源が確保できるだけでも大きい存在です。そのため、皆様の家庭にも導入することを検討してみてください。

エコキュートで断水に備える

エコキュートとは、電気を使ってお湯を沸かす給湯器のことです。このエコキュート、災害時の断水に役立つことをご存知ですか?貯湯式なので、停電時にタンクのお湯を使うことができます。

停電が発生してしまうと、新たにお湯を沸かせなくなってしまいます。しかしエコキュートの場合、停電前にタンクに貯めていたお湯を使用することができます。つまり、停電の間タンクにある分のお湯を生活用水として利用することができるのです。また断水時には、非常用水栓からタンク内に貯まったお湯や水を使うことができます。

断水になってしまうと「手が洗えない」「お風呂に入れない」「トイレの水が流せない」などのさまざまなトラブルが生じます。しかし、エコキュートがあれば、それらの問題を解決できます。エコキュートは、最大460Lまでお湯を貯めておくことが可能です。このくらいあれば、家族が3〜4日程度しのぐには十分でしょう。飲料として使用することはできないので、そこには注意が必要です。

 

日本は「災害大国」と揶揄されるほど、災害の多い国です。いつくるか分からない災害に怯えて暮らすよりも、防災を行っておいた方がいざという時に役立つかもしれません。本記事では、大きな家具は壁面に固定しておくことや蓄電池を用意しておくこと、そしてエコキュートで断水に備えることを説明しました。本記事を参考にして災害に備え、大切な家族や自分自身を守りましょう。

広島のおすすめ不動産会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名日東リバティ三井のリハウス住友不動産販売三菱地所の住まいリレー(三菱地所ハウスネット)良和ハウス
特徴住宅ローン・借入・借り換えの相談をキャリアを積んだプロが対応
チームを組んでお客様の要望に応じる全国に直営店舗が272店舗も存在するマイページ機能で買う・借りる・売る・貸すをワンストップで実現今住んでいる自宅を売却して新しい家の購入を検討中の方はスムーズに売却の話が進む
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧