広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

新築一戸建ての固定資産税の見積もりについて

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/28

広島県内などの新築一戸建てでは、この地域に限らず固定資産税が地方自治体から課税されます。住宅ローン以外にもかかる税金なので、忘れずに把握することが大事になります。あらかじめおおよその税額がわかっていて課税される時期を知っておけば、滞納の危険性はぐっと減るわけです。また課税されるおおよその税額も知っておくことが安心につながります。

固定資産税の課税に関するルール

広島県内の地方自治体が新築後に固定資産の評価額を把握しに来ます。あらかじめ電話連絡などがあってから訪ねてきますので、そのときに図面などを参考にしながら固定資産の評価額を決めていくものです。評価額は最初に決まるとその後の変更はあまりなく、確実に誤りがあったときなどを除いて変わらないため、注意をした方がいいこともあります。

最初の新築一戸建ての評価は、毎年少しずつ下がっていきますので最初に誤りがあると翌年度以降にも大きく響くものですから、とくに近隣の住宅地と比して高くなっている場合には確認をした方がいい場合があります。算定誤りを役所側がしていることもあるので、その旨を申し出て訂正を促すわけです。

ただ、新築一戸建てを購入した人がそれを指摘するのはほぼ不可能なので、専門家への依頼が基本となります。建築を依頼した業者などを介して確認を求めることで、誤りが少ない課税額につながるわけです。

固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に課税されることや、この固定資産評価額を基準に算定がされることなどを知っておき、また課税の納税通知書が届く時期を知っておくことで、納税に困る事態を避けられます。なお、近年の異常気象などにより住宅に被害が出るケースもあり、広島県も近年起こったりしていますので、減免の制度も知っておくといざというときに安心できます。

固定資産税と関係する税金も知ることが大事

固定資産の評価額を広島県内の地方自治体の職員が行うと、その後固定資産税以外の税金も課税されてきます。とくに注意をした方がいいものとして不動産取得税があり、広島県税事務所から課税されてくるものです。固定資産の評価額を基準にして、取得した土地や建物などの不動産に対する課税となります。

床面積などに応じて減額の可能性がある税金ではあるので、そのことを知っておいて減税のルールの適用を積極的に利用すべきものではあります。なお、建物に関しては固定資産評価額から1200万円あるいは1300万円を控除し、残りに課税するルールがありますので、納税通知書が届いたらそれをすぐに納付することで解決できます。

控除ができているかどうかわからないときには県税事務所に聞けば教えてもらえます。いくらの税額になるのかは課税の処理が終わっていればそのときに教えてもらえますし、合わせて土地の取得をしている場合も聞けば教えてもらうことが可能です。

固定資産税と不動産取得税のように密接にリンクしている税金もあるので、あらかじめ不動産関係の税金の種類を知っておくことで、課税されて困ることを避けることが可能です。新築一戸建てを購入する際に業者にも固定資産税やそれ以外の関係する税金について聞いておけば、問題になることを減らすことができますので、聞いておくことも大切です。

広島県内での固定資産税の納付のルール

広島県内で新築一戸建てを購入したとき、その関係する税金としては固定資産税や不動産取得税、都市計画税また住宅ローン減税などで所得税及び住民税などが関係するようになります。これらの税金の手続きを知っておくとともに、課税される金額や減税されるための方法などを把握します。

固定資産税は各市町村から課税されてきますので、その納付のルールに従って支払いますが、支払うことができる金融機関などが広島県内の金融機関で多少の差異があることもしばしばです。とくに都市銀行の扱いで異なる場合がありますので、近隣の金融機関で納付が可能かどうかは知っておいて損はありません。

また納期がいつなのかを知っておけば、そのときに生活資金とは別に貯蓄などしておき納付に活かすことができます。税金のことを忘れていて後で慌てることがないように、備えておくことが大切です。なお、納期を過ぎてしまうと納期限の翌日から延滞金が計算されていきます。

納税をほったらかしにしてしまうと、本来納税する必要がない延滞金も納付しなければならなくなります。延滞金の計算では利率も高くなっていて、出費も大きくなりがちですし最悪の場合は差し押さえが行われたりもします。自宅まで地方自治体の職員が来て、動産を差し押さえるような事態も起こりえます。期限に注意をしておくことが大事ですし、仮に納付に間に合わなかったときなどは課税している自治体に説明することが求められます。

 

広島県内の地方自治体から課税される固定資産税は、固定資産の評価を基準にして計算がなされます。また不動産取得税などもこの数字を移用して行われることと、課税される時期と金額をあらかじめ知っておき備えておくことが非常に大事です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【広島】おすすめの不動産会社エリア別3選