広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

新築一戸建てを値下げして買うコツ

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/27

広島で新築一戸建てを購入するのは、誰にとっても人生で大きな買い物となります。何歳までに購入すればよいのか、年収はどのくらいまで必要なのかなどを考えなければいけません。少しでもローン返済額を少なくするためにはちょっとしたコツが必要となります。ここでは新築一戸建てでも値下げされるタイミング・値引き交渉についてお話しします。

広島で新築一戸建てを購入するタイミング

新築一戸建てを購入することは、誰しも一度は憧れるものです。しかし、日常品を購入するような感覚とは違い、買い物としては非常に大きな決断を要します。そこで、新築一戸建てを少しでも安く購入するには、どのようにすればよいのかと考えてみましょう。

そうするためには、タイミングを計ることが重要になります。新築の住宅でも値下げ交渉は可能で、交渉がしやすい物件というものがあります。それは住宅が完成した後、しばらく時間が経っている物件です。完成直後は値下げをしなくても購入してもらえる可能性が高いので、業者も強気で、値引き交渉をするのは困難です。

住宅が完成してから「新築」として販売できるのは1年以内となっています。1年以上経った物件は、一度も誰かが住んだことがなくても新築物件と表示できず、「未入居」という扱いになるのです。広島に限らずこのような物件については、値下げ交渉がとてもし易いといえます。

また、広島でも住宅街として人気がある地域と、それほど人気がないところがあります。駅から遠い場所にあったり、買い物が不便であったりする地域や、大きなショッピング施設などから離れた場所に建てられた新築住宅などは、1年経っていなくても値下げ交渉に応じてくれる可能性があるかもしれません。

そして、値下げ交渉によい時期としては、決算セールと同じで年度末の3月が挙げられます。売上のノルマが課されているため、その時期は値下げしてもらえる可能性が高くなります。家の見学をしていると、今すぐにでも入居したいと思ってしまいますが、そこはじっと我慢して安く購入できる時期を待つことも購入費用を抑える秘訣です。

注文新築一戸建てでも値引き交渉は可能

広島で、新築一戸建ての注文建築をする場合でも、値引き交渉をすることは可能です。この場合も、交渉をするのに適した時期があります。契約交渉時に行うと、その値引き分の仕様(建材・器具・設備)を安価な物に変更してランクを下げられてしまうので、交渉をするならば契約締結直前がベストになります。

契約の直前であれば、施主と施工者の打ち合わせ内容を反映した設計図や見積もり書が渡されるので、施工者側も勝手な仕様の変更はできません。それに、施工業者側も契約直前であれば売上高を見込めるので、少々の値引きであれば応じてくれる可能性が出てくるのです。

また分譲住宅と同様に、注文住宅も決済時期になると値引き交渉に成功する確率が高くなります。これは、注文住宅の売り上げがない期間が長く続くと、会社の存続にも関わるためです。会社の売り上げのために、多少の値下げであれば応じてくれる可能性があるのです。

たとえば会社によっては、3月の決済の時期を控えてキャンペーンを行うことがあります。見積もりから100万円を値下げしたり、反対に100万円分のオプションを追加してくれたりします。また、さらに住宅ローンの優遇金利を斡旋するなどのサービスを受けられることもあるのです。

金融機関も3月に決済を迎えるので、1月から2月に住宅ローンの契約を増やそうと考えます。そのときに、提携している施工会社に優遇金利や融資審査の緩和など、通常では滅多にないサービスをすることがあります。このようなチャンスを利用するとよいでしょう。

広島で新築一戸建てを購入する年齢は

不動産価格は社会情勢に左右されやすく、物件の買い時を見極めるのは非常に難しいといえます。とくに世界中が何かの問題を抱えている時期であれば、なおさら判断するのは困難となるでしょう。将来的に家を購入したいと考える場合、住宅ローンを組むことを考慮して進めることが重要になります。

住宅ローンは20歳以上から65歳未満で組むことができ、80歳までに完済することが基本です。一般的にローンの期間は最長35年なので、80歳までに完済するためには、45歳までにローンを組む必要があります。しかし、45歳では完済するには借入期間が短くなるために、毎月の返済額が大きくなり生活の負担となることが多いでしょう。

また住み替えが必要となる可能性があるかもしれないので、45歳でローンを組むよりも、30代で購入するのが理想的であるといえます。購入や住み替えのチャンスは、秋の繁忙期である9月が狙い目です。9月は転勤などにあわせてキャンペーンを打ち出すことが多く、不動産会社は成約に力を入れている時期でもあります。新築一戸建て物件などを豊富に準備しているので、よい物件に出会える可能性がとても高くなります。

さらに、都道府県地価調査の結果が出た後であれば、価格交渉もさらにし易くなるかもしれません。会社の資金繰りの関係から、中小の業者に対する値下げ交渉の敷居も低くなるようです。それは売却と資金回収が長引くと融資資金の利息が膨らみ、資金計画が悪化することを嫌がるという理由があるためです。その機会を狙ってみるのもよいかもしれません。

 

新築一戸建てを購入するのは大きな買い物ですが、時期を間違えなければ値下げ交渉がうまくいくことが可能で、ローンの負担を減らすことができます。分譲住宅では仲介会社の担当者が値下げ交渉をしてくれます。理想の家を手に入れるために、賢く交渉を重ねることで金銭的負担を減らしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【広島】おすすめの不動産会社エリア別3選