広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

都心と郊外の新築一戸建ての特徴

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/08/27

広島県内で新築一戸建てを探そうとするとたくさん見つかりますが、実は都心と郊外では特徴が異なっています。どちらにもメリットデメリットがあるので、どちらを選ぶべきかよく考える必要があります。通勤通学の利便性や庭の広さかなど、まずは自分の家族が何を一番大切にしたいのか話し合ってからどこに建てるのか決めることをおすすめします。

都心と郊外では土地の広さが変わってきます

どの県でもいえることですが、広島県の都心と郊外では分譲されている土地の広さが異なる傾向があります。都心は郊外に比べると不動産が高価で、狭くなることが多いです。もし、同じ面積の土地を確保しようとすると予算がだいぶ跳ね上がるので注意が必要です。同じ予算内で少しでも広さを求めるのであれば、郊外で探すことをおすすめします。

当然、面積が変わると建てることができる新築一戸建ての間取りも変わります。限られた面積の中で、リビングや部屋数を決めていかなくてはいけません。 広島県の都心にある新築一戸建ては、全体的にコンパクトにできていることが多いです。もちろん、リビングや客間など必要な部屋数は揃っています。ただ、玄関のスペースなど少しずつコンパクトにできています。

狭いなら3階建て以上にすればよいと考える人もいますが、建築法で建てられる建物の面積や高さが決まっているので、なかなか思い通りにはいきません。 一方、郊外の場合はスペースが取れるだけ一戸建ても大きくなっています。土地もあるため、余裕を持って建てることができます。とはいえ、都心と同じように建築法は考慮する必要があるので注意してください。

土地の広さに比例して、一戸建ての大きさが変わるということは念頭において住む場所を選ぶようにしましょう。といっても、コンパクトなりに工夫すれば住みやすくなるので、狭いことが一概にデメリットとはいえません

駐車場スペースをどうするか考えましょう

広島県の郊外は、都心に比べると土地が広い傾向があります。家自体も大きくなりますが、庭も広くなることが多いです。ただ、庭があるからといってそれだけで快適な生活は送れません。都心は交通の便がよいので、家に自家用車がなくても困ることは少ないです。そのため、車を持たず駐車場を必要としない家庭が珍しくありません。

一方、郊外の場合は、駅やスーパーが遠いので、日常生活に自家用車が必須であることが多いです。都心に比べると自家用車を所有している家庭が多く、場合によっては2台以上の自家用車を所有する家庭もあります。そうなると考慮しなければならないのが、駐車場のスペースです。一戸建てとは別にパーキングを借りるという手もありますが、やはり自宅内にスペースがあった方が便利です。

都心と郊外に関係なく、自家用車を所有している場合は駐車場のスペースが取れるかどうか確認してください。とくに郊外の場合は、駐車場のスペースを2台分以上取れるかどうか考えることが大切です。実際の住宅地でも、駅やスーパーから遠いエリアだと2台分以上のスペースがある駐車場を持っている家庭が少なくありません

新築一戸建てを建てる際には、家自体の大きさもですが、駐車場のスペースを適切に確保できるように設計することが重要です。現時点で所有していなくても、将来的に自家用車が必要な生活になると判断したら、庭を広めに確保しておきましょう。

建築可能な高さや面積を確認しましょう

広島県内のどの地域も、建築法で土地の面積に対して建築可能な建物の高さや面積が定められています。とくに住宅地の場合は、2階建てや3階建てまでなど制限がかかっていることが多いです。郊外の場合は土地が広い代わりに、2階建てまでしか認められないという場合があります。

仮に家が小さくても、塀から何メートル離して家を建てなければいけない、といった条件もあるので注意する必要があります。近くの道路や商業地区の有無によっても変わってきますが、比較的郊外の方が制限を受けやすいです。しかし、元々の土地が広いため制限があっても困ることはほとんどありません。

都心の場合は狭い土地でも、3階建て以上を建てることが可能な場合もあります。ただし、隣や周囲も同じ条件になってくるのでその点は注意するべきです。場合によっては、隣に3階建て以上のビルが建つ可能性があります。もし、隣の家と壁や窓が近接しそうになっているのなら、窓の位置は工夫しなければなりません。せっかく窓があっても、開け難い状況になる可能性があるからです。

窓については郊外も同じく、見晴らしがよい一方、外から家の中が丸見えになってしまうことがあります。都心でも郊外でも、周辺環境をよく考えて窓の位置を考えることが大切です。平家に住みたい場合は郊外がおすすめです。また、3階建て以上の建物に住みたい場合は、都心を選んだ方が建てられる可能性が高いでしょう。

 

広島の都心と郊外では土地の広さが変わってくるため、一戸建ての特徴も制限も異なります。ただ、工夫すればどちらも住みやすい家を建てることは可能です。どちらにもメリットデメリットがあるので、どのような生活をしたいか考えながら比較することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【広島】おすすめの不動産会社エリア別3選