広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

新築一戸建てを建てるなら木造と鉄骨造どちらがおすすめ?

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/06/27


これから新築一戸建てを建てようと思ったとき、考えなければいけないのが木造にするか、鉄骨造にするかです。それぞれで特徴が異なるため、快適な住環境を手に入れるためには、事前に違いを理解しておくことが欠かせません。今回は木造と鉄骨造のメリット・デメリットに触れながら、新築一戸建てにおすすめのタイプを解説します。

木造の新築一戸建てを建てるメリット・デメリット

木造は日本の建築で、昔から採り入れられているものの一つです。木材の種類が豊富なこともあり、半分以上の住宅が木造ともいわれています。木造で新築住宅一戸建てを建てるメリットとデメリットは、次のとおりです。

メリット①
1年を通して過ごしやすい

最も大きなメリットといえるのが、1年を通して過ごしやすいことです。木材は熱を伝えにくい断熱性と、湿気を吸収しやすい調湿性の両方を兼ね備えています。断熱性の高さによって夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるようになるでしょう。また高い調湿性のおかげで、結露やカビの防止にも役立ちます。

メリット②
建築コストを抑えられる

木材は鉄骨と比べて、材料費が安く設定されています。また、工期が短く済むのも特徴です。材料費の安さと工期に短さから、建築コストを抑えられるでしょう。

メリット③
地震に強い

3つ目のメリットは地震に強いことです。木材は揺れを吸収したり、受け流したりする性質を持っています。鉄骨造よりも地震に弱いイメージを持っている人が多いかもしれませんが、耐震性能に違いはありません。

メリット④
火災によって倒壊しにくい

木材は燃えやすいことから火災に弱いイメージがありますが、実際は違います。燃えやすいのは外側の部分のみで、木の中心部は鉄骨よりも強度が低下しづらく、火災が起きても倒壊しにくい特徴を持っています。倒壊しにくいため、人命救助がしやすいメリットもあるでしょう。

デメリット①
シロアリ対策が必要

シロアリは湿った木材に発生しやすく、発生すると木材を食べてしまいます。そのまま放置すると倒壊のリスクもあるため、非常に危険です。木造の一戸建てを建てる場合は、防虫処理や定期的な床下チェックなど、シロアリ対策が欠かせません。

デメリット②
間取りの自由度が低い

2つ目のデメリットは、間取りの自由度が低いことです。耐震性を確保するために、鉄骨造よりも柱や壁を多くする必要があることから、必然的に間取りの自由度が下がります。

鉄骨造の新築一戸建てを建てるメリット・デメリット

鉄骨造は鉄骨の厚さによって、さらに軽量鉄骨造と重量鉄骨造の2つに分けられます。一戸建て住宅で採用されるのは、主に軽量鉄骨造です。主なメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット①
品質が安定している

鉄骨は品質のばらつきが生まれにくい材料のため、仕上がりに一定の品質を確保できます。また、組み立てに木造のような高いスキルが要求されないことから、作業員による当たり外れが起きにくいのも特徴です。

メリット②
シロアリに強い

前述したように、シロアリは湿った木材に発生しやすい特徴を持っています。鉄骨造は金属なので、シロアリが発生する可能性を大きく減らせるでしょう。鉄骨造の住宅でも木材を使用している箇所があるのが多いため、完全にシロアリの被害に遭う可能性をなくすことはできません。しかし、木造よりはリスクを減らせるのは事実です。

メリット③
間取りの自由度が高い

最後のメリットは、間取りの自由度が高いことです。木造と比べて柱や壁の量が少なくて済むことから、自由な間取りを設計できます。吹き抜けや大きな窓など、開放感あふれるデザインができるでしょう。

デメリット①
建築コストが高い

デメリットの1つ目は、木造と比べて建築コストが高いことです。材料費が高いこと、工期が長いことから、建築コストは高めに設定されています。最初に建てるときだけでなく、将来リフォームや増改築する場合も同じです。

デメリット②
地盤補強が必要

鉄骨造は木造よりも重いため、地盤が弱い場合は地盤補強が必須です。地盤補強の工事をおこなうと、余分なコストもかかってくるでしょう。

結局、木造と鉄骨造どちらを選ぶのがおすすめ?

木造と鉄骨造、それぞれでメリット・デメリットが異なるため、どちらが合っているかは人によって変わります。たとえば、以下の条件に該当する人は、木造の一戸建てがよいでしょう。

・季節に関わらず、いつも快適な住環境で暮らしたい
・できるだけ建築コストを抑えたい

反面、鉄骨造の一戸建てが向いている人は、次のような条件にあてはまる場合です。

・安定した品質で一戸建てを建てたい
・シロアリなどの害虫に強い家に住みたい
・広いリビングや壁一面に窓がある住居など、デザイン性の高さを求めたい

一戸建てに求める希望を整理してみると、どちらを選べばよいかがわかってくるはずです。

 

木造と鉄骨造には、それぞれで異なる特徴を持っています。木造には「1年を通して過ごしやすい」「建築コストを抑えられる」といったメリットが、鉄骨造には「品質が安定している」「シロアリに強い」といったメリットがあるでしょう。建築予定の土壌や作りたいデザイン、予算などに応じて、どちらを選ぶかを考えてみてください。

広島のおすすめ不動産会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名日東リバティ三井のリハウス住友不動産販売三菱地所の住まいリレー(三菱地所ハウスネット)良和ハウス
特徴住宅ローン・借入・借り換えの相談をキャリアを積んだプロが対応
チームを組んでお客様の要望に応じる全国に直営店舗が272店舗も存在するマイページ機能で買う・借りる・売る・貸すをワンストップで実現今住んでいる自宅を売却して新しい家の購入を検討中の方はスムーズに売却の話が進む
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧