広島で新築一戸建てを購入したい方におすすめ!対応品質・スピードが評判の口コミでも人気の不動産会社ランキングを紹介します!

新築一戸建てを賃貸物件にする際の注意点

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/11/05

広島で新築一戸建を賃貸物件として貸し出したい場合、いくつか注意点があります。たとえば、新築一戸建ての場合にはあまり収益性が高くないこともあるのです。また、賃貸物件として貸し出すことで他の用途に転用するのが困難になることもあります。いろいろな法的な絡みもありますが、ここではそんな新築一戸建てを収益物件にしたい場合の注意点についてみていきましょう。

新築一戸建てを貸し出すメリット・デメリット

広島で新築一戸建てを建てた後に貸し出すメリットはいくつかあります。まず、新築一戸建てだと賃貸物件としてプレミアムがつくのが利点です。賃貸人の中には「新築一戸建てならば通常よりも数倍の賃料を出す」という人もいるくらいですが、新築一戸建てはやはり賃貸物件として魅力が高いことが利点になっています。「新築一戸建てを建てたが、転勤するので使わない」という際にも貸し出せば有効に物件を活用していけます。物件を持て余すのもなんですから、新築一戸建てを貸し出して収益を得てみましょう。

その一方、広島で新築一戸建てを賃貸物件にしてしまうのは思わぬ欠点もあります。たとえば、新築一戸建てを賃貸物件にしてもそこまで収益性は高くありません。新築一戸建てを建てる事自体に大変コストがかかるものですから、いくら賃料を高く設定しても元手を取り返すまでにかなり時間がかかることは避けられません。

また、せっかくの新築一戸建てを貸し出すと物件の価値も一気に下がってくることすらあります。新築一戸建てのままで転売する場合や、ある程度住んでから転売すれば元手とそこまで変わらない値段で売れます。しかし、一度賃貸物件にすると一気に転売価格も下がってくることが難点です。一軒家の賃貸物件はそこまで不動産市場においても需要があるというわけではないですから、ますます売りにくいことも難点でしょう。

思わぬ注意点もあるので気をつけてください

新築一戸建てをそのまま貸し出しするのは少しリスキーなことも理解しておいてください。新築一戸建物件には賃貸用に改修する必要性も出てきます。たとえば、鍵なども賃貸物件用の鍵を備えつける必要性もあります。他にも、家具などの設置の問題点もあります。

新築を建てた後に直ぐに貸す場合、家具も何もないままで貸し出すと入居者が見つかりにくくなることもあります。冷蔵庫からベッド等何から何まで用意しないといけないので、入居者としても利用しにくいのです。逆に、賃貸物件として貸し出しする際に新しく家具を購入するのは余計にコストもかかります。この点は状況次第で対応も変わってきますから、不動産屋とじっくりと相談しておきましょう。

もしも新築一戸建を貸し出した後に自分で入居するという場合にはさらに注意が必要です。一度賃貸物件として貸し出しすると一般住宅に転換するのも手間がかかります。賃貸人に退去してもらうためには1年位期間も必要です。賃貸物件として貸し出すことで住宅を汚されることや、傷を付けられることもあるでしょう。場合によっては悪い噂が近所で立ってしまうことも起こりえます。

このようにいろいろと難点が多いことから、新築一戸建を貸し出す際にはこれらのことを慎重に行っておきたいところです。貸し出す際には不動産屋と相談の上で話を進めていくとよいでしょう。広島の業者の中には新築一戸建に特化した所もあります。

工夫しておきたいコツについて知る

実際に貸し出す際には管理会社等の利用も欠かせません。一戸建て賃貸の場合、管理会社を利用しない人もいますが、これはおすすめできません。管理会社を利用すればさまざまな清掃もしてくれますし、退去に関する煩雑な手続きも任せられます。管理会社を利用しないと自分でいろいろな問題に対処しないといけなくなるので、できれば管理会社を利用することをおすすめします。管理会社の利用費も大してかかりません。

他にも、新築一戸建によっては賃貸向けではないこともあります。たとえば、アクセスしにくいなど、立地が悪い物件はどうしても賃貸用の需要も少なくなってきます。また、賃貸人が見つからなくて空室期間が長引いてしまうといったこともあるでしょう。また、駐車場がない物件なども向いていません。賃貸向け新築一戸建の場合、メインとなる賃貸人はファミリー層ですから駐車場を必要とする人が多いのです。

もしも賃貸に不向きな住宅を貸し出したい場合には改修してみるのもありでしょう。こうした話も不動産屋とできますし、そこまで費用が掛からない場合もあります。

いずれにせよ新築一戸建を貸し出したい場合には、まずは業者に話をしておくことをおすすめします。業者に相談することでよい管理会社も見つけてもらえますし、適切な賃料についてもわかってきます。何から何まで自分でやってしまう人もいますが、やはり賃貸物件の管理はプロに任せるのが大事です。

 

広島で新築一戸建を貸し出すことは可能です。高い賃料設定ができることもありますが、こうした新築一戸建を貸し出す際には気をつけておきたいことも多いものです。ですから、専門業者としっかりといろいろと話し合っておくべきでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧